商品情報にスキップ
1 1

スマートオンライントレード講座バウハウス

AutuPilot+ W-Envelope(修了者限定割引)

AutuPilot+ W-Envelope(修了者限定割引)

通常価格 ¥1,000 JPY
通常価格 ¥10,000 JPY セール価格 ¥1,000 JPY
セール 売り切れ
税込み。

①AutoPilotはサインツールです。

まだ全くテクニカル分析がわからない方がとりあえず現在の方向をつかむのに使う目的で作られたものですが、流れが転換したことを示唆してくれるため、自分が持っているポジションと反対方向へのサインが点灯したら、利確・損切を行う決断に使えます。

ラインの交差などの曖昧なサインとは異なり、文字ではっきり「BUY」「SELL」の表示が点灯しますので、踏ん切りをつけにくい損切りを決心しやすいツールにもなります。

基本、トレンド方向に点灯したらエントリーにも使いますが、大きな陽線・陰線出現時に点灯した場合は、短期移動平均線からの一時的乖離が起こっているので、一旦見送り、戻りを待ってエントリーするなどのコツがあります。

また、長期足で確認できる高値安値接近や、エリオットカウントの終局などが理解できる中上級トレーダーの方なら、転換が起こりそうなシーンでトレンド方向とは反対方向に出たサインにのり、天底を捉える使い方も想定されます。

詳しい使い方を解説した動画がありますのでご興味ある方は

こちらからご覧ください。

②エンベロープは移動平均線からの乖離率を表示します。
価格が移動平均線から一定以上乖離すると、移動平均線に回帰する(戻ってくる)性質があります。どの程度乖離したら回帰するかは銘柄によって固有の特性があります。

そのため通常は、分析する銘柄が変わる(例えば為替から株式銘柄に)度に、表示すべきエンベロープの設定値(乖離率)を変えなければなりません。

このインジケーターでは、ワンタッチで乖離率の設定を切り替えることが可能です。

価格は移動平均線に支えられ、移動平均線がない、トレンド方向に伸びていきますが、乖離するとトレンドが終わり、移動平均線に回帰します。

ですから、移動平均線とエンベロープ両方を表示すれば、トレンド方向とその反対方向の両方に抵抗帯が表示でき、エントリー決済の判断に使うことができます。

エンベロープは1つの時間足で2種類(短期と中期)表示されるようになっています。
中心バンドとなる移動平均線は、別商品の『EMA』『TimeDimenSion』に表示されるものと共通化してありますので、重ねて表示することが可能です。

①②2つのインジケーターが搭載されており、どちらかを非表示としたり、両方表示する選択ができるように設定画面が構成されています。

 

このインジケーターに関するTradingviewのスクリプト情報はこちら

詳細を表示する